EXHIBITION

Takeru Iwazaki solo exhibition “IN FLUX”

2016-05-14 〜 2016-06-05

flyer_web

 

 

IN FLUX
Takeru Iwazaki solo exhibition
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/takeru-iwazaki

 

May 14 (Sat) – June 5 (Sun), 2016
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN
5月14日(土)~6月5日(日)まで土日のみ開廊

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception
Saturday, May 14, 2016 from 14:00 to 17:00.
The event is free and open to the public, the artist will attend the reception.
14日(土) のオープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。
アーティスト本人も在廊します。

 

We are thrilled to announce the next exhibition at HHH gallery, a solo exhibition of Shizuoka-based Japanese artist Takeru Iwazaki.

 

After growing up in Shizuoka’s abundant nature, Takeru eventually began creating artworks soaking up influence from music club culture and street art. Through music and art he then expanded his artistic activity to Tokyo and neighboring towns. 

 

Currently, Takeru shares his artworks with the world through gallery exhibitions, murals, live paintings, and numerous commissioned projects.

 

Using only ballpoint pens and the simplest of drawing tools, Takeru creates meticulously detailed yet unconstrained depictions of life. His works juxtapose the openness of nature with the density of a crowded metropolis, as if to represent the artist’s own life, going back and forth between city and countryside.

 

In this exhibition, Takeru will show selected old artworks along with several new works, to present a comprehensive catalogue of his style. 

 

City and nature, street culture and traditional culture, representational and abstract; you will witness Takeru’s inner realm, generated from the crossing point of opposing wavelengths.

 

この度HHHギャラリーでは、静岡を拠点に活動するアーティスト 岩﨑 岳留 の個展を開催いたします。
静岡の豊かな自然を背景に、音楽を始めとしたクラブカルチャー、ストリートアートに影響を受け制作を始め、東京や近郊都市へと音楽やアートを通じ活動の幅を広げてきました。
現在は個展、壁画制作、ライブペイントパフォーマンス、数々の企業コミッションワークで作品を発表しています。

 

ボールペン等、シンプルな画材によって描かれた緻密で伸びやかな描写は、
自然のおおらかさ、都市の密度を内包し、都市と自然を行き来きする作家を象徴するようです。

 

今回の個展では数点の新作と共に、選ばれた過去作品を中心に構成され、
作家の持つスタイルの過去から現在までを包括的に展示致します。

 

都市と自然、ストリートカルチャーと伝統文化、具象と抽象、相反する波長の交差点で生まれた、
彼の「内なる王国」を是非ご覧ください。

 


 

壁画制作__

 

岩﨑 岳留 Takeru Iwazaki

 

http://takeruiwazaki.com
https://www.instagram.com/takeruiwazaki/

 

1980年生まれ。
富士山や南アルプス、駿河湾といった豊かな自然を湛えると同時に、東京と名古屋の中間地点として古くから独特のテンポで発展してきた静岡という土地。その、自然の営みと人の営みとが織りなす波長の中で育まれた。

 

高校を卒業した後に待ち受けていた、何の足場も道標もない“闇”。特に目指すものもなく、アイデンティティを喪失した焦りと渇きに身を灼かれ錆び付いていくだけであったその時、その闇に射し込んだ一筋の光が“絵を描くこと”であった。

 

幼少の頃、誰に教わるでもなく親しんでいた“内なる王国”の再発見。キャンパスに何かを表現するという、社会的文脈に属すことのないプライマルな悦びとの再会。それは、もう一度ヒトとして生誕する為のプロセスの始まりであったのかもしれない。

 

自然と身近にあったボールペン等の文房具を絵筆として本格的な創作活動を開始。ストリートカルチャーや音楽、寺社仏閣や古美術、そして彼を育んできた自然の営み…それまでに触れてきた全てがイマジネーションの源泉となり、ペン先を通じてその失われたアイデンティティを再構築していった。

 

年月を経て独学で生み出した画法、職人的な技術と集中力によって描かれる筆跡は、森羅万象に流れる生命エネルギーの具現化であり、自身でも予測することのできないインナートリップの軌跡そのものである。

 

現在は生まれ育った静岡を拠点に作品制作、個展、ライブペイント、アートプロジェクトへの参加、建築や店舗の壁画制作、ブランドコラボなど多岐に渡る活動を展開、日々実験と発見の追求を楽しんでいる。その手によって生命を与えられた有機質と無機質は緻密で流麗な線となり、絡み合いながら無限に展開してゆく。それはキャンパスを、そして街を蔦のように覆い、確実にその繁茂を広げている。

 


 

takeru_8

 

takeru_4

 

takeru_2

 

takeru_3

 

takeru_5

 

takeru_6

 

takeru_10

 

壁画制作2__

 

takeru_1

 

takeru_11

 

takeru_9

 

Share Button