EXHIBITION

JAMES JARVIS solo exhibition “No More Negative Space”

2015-04-25 〜 2015-05-31

jarvis-banner

 

JAMES JARVIS solo exhibition “No More Negative Space”

 

opening reception on Apr 26 (from 2pm)
Apr 25 (sat) — May 31 (sun)

 

12:00 — 20:00 on every SAT/SUN & National Holidays.

 

at HHH gallery ( http://hhhgallery.com )
2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

supported by NIKE SB ( http://nikesb.com )

 

HHH gallery will present the exhibition “No More Negative Space” by James Jarvis from Apr 25 to May 31, 2015. There will be opening reception at 2pm, Sunday, Apr 26. Jarvis will be doing some live paintings. The event is free and open to the public.

 

葛飾区の堀切菖蒲園駅から徒歩5分の小さなスペースに2015年3月21日にオープンしたばかりのHHH gallery (エイチ・ギャラリー) では先月からプレオープン特別展として開催してきたHAROSHI『wait what』展を大好評で終え、4月25日(土) からは日本国内での個展は15年ぶりとなるイギリスのイラストレーター、ジェームス・ジャービスの展示を開催致します。

 

展示では、2013~15 年までのドローイング作品を50点以上を一挙展示。26日のオープニング・レセプションではエアブラシで制作予定の大判作品も登場します。展示作品の他には、本個展の為に制作された300部限定のzine (約60ページ) 、オリジナルTシャツも発売されます。

 

関連イベント:

Nike SB x James Jarvisコレクションの発売を記念して、Nike SB主催によるイベント。
日時:2015年4月25日 (土) 12時〜
場所:ロン・ハーマン千駄ヶ谷 (渋谷区千駄ヶ谷2-11-1)
当日はジャービスによるライブペイント & Nike SB x James Jarvisコレクションを発表します。

 

HHH gallery オープニング・レセプション
日時:2015年4月26日 (日) 14時〜19時すぎまで
場所:HHH gallery (葛飾区小菅2-21-17)

15年ぶりの個展を記念してジャービスが長年興味を抱いていたというエアブラシによるライブペイントも行われます。どなたでもご来場頂けますのでお誘い合わせの上、お気軽に足をお運び下さい。

 

 


 

James Jarvis

 

http://www.studiojarvis.com/
https://instagram.com/jamesjarvis/

 

James Jarvis was born in London in 1970, and studied at the University of Brighton and the Royal College of Art, graduating in 1995. Jarvis’ first commissioned work was for the influential London skate shop Slam City Skates. He has worked as an illustrator for clients worldwide, including Coca-Cola, MTV, Nike and Sony. In 1998, Jarvis designed the iconic character toy, Martin, for the cult fashion brand Silas. He enjoyed a long collaboration with Silas which helped introduce him to a worldwide audience, notably in Japan.

 

In 2000, Jarvis visited Japan for a solo exhibition, World of Pain, at the PARCO galleries in Tokyo, Hiroshima and Nagoya. In Japan Jarvis has designed the mascot for Toto sports lottery. From 2003 to 2013, Jarvis worked on his own brand, Amos, in partnership with Silas’ co-director Russell Waterman. For Amos, Jarvis created over 100 character toys, as well as graphics, comic strips, books, exhibitions, a music festival and a crazy-golf hole.

 

Jarvis has worked on two notable moving image projects in collaboration with Richard Kenworthy. In 2008 they made the short film, Onwards, and in 2012 they made an ident, Bro down, for MTV.

 

More recently, Jarvis has concentrated on a simpler, reductive, drawing-based approach to his work, with solo exhibitions in London, Berlin. Jarvis lives with his partner and two children in south London.

 

 

JAMES JARVIS (ジェームス・ジャービス) について:

 

1970年、ロンドン生まれ。ブライトン大学とロイヤル・カレッジ・オブ・アートにて修学後、95年に卒業。影響力のあるロンドンのスケートショップ、Slam City Skatesがジャービスの初のクライアントワークだった。その後、コカコーラ、MTV、ナイキ、ソニーといった世界各国のクライアントと仕事をするイラストレーターとして活躍。98年、カルト的ブランド、SILASのアイコン的キャラクター “Martin” を誕生させたジャービスは、その後も継続したSILASとのコラボレーションによって世界的な知名度を得て、とりわけ日本では瞬く間に大人気となった。

 

2000年に東京、広島、名古屋のパルコギャラリーで開催されたジャービスの個展『World of Pain』のために来日。日本ではスポーツ振興くじtotoのマスコットキャラクターのデザインも手掛けている。2003~13年まで、SILASの共同創設者ラッセル・ウォーターマンと共同で自身のブランドAmosを運営。100体以上のキャラクタートイのみならず、グラフィック、連載漫画、本、エキシビション、ミュージック・フェスティバル、そして冗談みたいなゴルフコースのホールまでジャービスは次々と作品を生み出していった。また映像作家集団Shynolaのリチャード・ケンワージーとの共同制作にてオンワードの短編映像 (2008年)、MTVのID映像 “Bro Down” (2012年) を2本制作。

 

ここ最近ではよりシンプルで簡素化されたドローイング中心の作品に集中した個展をロンドン、ベルリンにて開催。現在サウスロンドンにて妻と子供2人と暮らしている。

 


 

 

STATEMENT:

 

Drawing, for me, is a bit like breathing. It’s something I feel compelled to do.

 

I see drawing more as a means of understanding the world than as an aesthetic construction for transcribing or recording an image. I am interested in the way that the process of making a drawing about something is a way of decoding and understanding that thing.

 

Drawing is a tool for decoding and understanding the world, not just a simple exercise in aesthetics.

 

I am trying to draw a character that has no ‘character’. A thing, an animate object, that is as generic, as unrepresentative of anything as possible. By working this way I feel I can make cartoons that are truer to the idea of drawing as a means rather than an end. Rather than being distracted by the character as a decorative element we  look beyond the appearance of the character.

 

Through a cartoon character we can enter a dialogue with the graphical space, the drawing.

 

A drawing is a series of gestures.

 

A drawing is a thing that is made.

 

What are marks on paper supposed to represent?  How can a mark be anything other than a mark?

 

Thinking about Plato and his Theory of Forms: No one has ever seen a perfect circle, nor a perfectly straight line, yet everyone knows what a circle and a straight line are. Truth is an abstraction, divorced from the ‘external’ world.

 

By drawing an idea of a thing (something that doesn’t exist) rather than the thing itself we can escape the impossibility of drawing something that does exist.

 

If a drawing is only a means of understanding something, can or should the drawing itself have any aesthetic value. Do questions of aesthetics undermine the truth of a drawing?

 

What should matter in a drawing is whether or not it is true, not whether it looks ‘good’. The things that constitute a ‘true’ drawing, all the mistakes and inconsistencies it contains, are right (even if they’re wrong).

 

 

アーティスト・ステートメント:

 

僕にとって絵を描くことは呼吸をすることに近い。描かずにはいられなくなるのだ。

 

僕は画像を書き写したり記録したりと美を創出するよりも、世界をより理解するための手段として絵を描いている。何かについて絵を描くプロセスの方法が、その物を解読、理解する方法であることに興味があるんだ。

 

絵を描くことは単なる美学の課題であるだけでなく、世界を解読し、理解するツールでもある。

 

僕は “特徴” のないキャラクターを描こうとしているんだ。可能な限り一般的で抽象的な物、生物を。

 

このやり方で絵を描くことによって、目的としてよりも手段としてドローイングのアイデアに忠実なカートゥーンを作ることが出来る気がする。装飾的要素としてのキャラクターに気を取られるのではなく、キャラクターの見た目の先にあるものを見るんだ。

 

カートゥーンキャラクターを通じて、僕らはグラフィカルな空間、ドローイングとの対話を始めるんだ。

 

ドローイングは一連の動作 (しぐさ)。

 

ドローイングはそれが作られたもの。

 

紙の上の記号は何を表現するべきなのか?

 

どうすれば記号が記号以外になり得るのか?

 

プラトンのイデア論で言えば、これまでに完全な円も完全な直線も見たものは一人も居ないが、丸や直線がどういった物であるのかは皆知っている。真実は外の世界から切り離された抽象的概念なんだ。

 

そのもの自身ではなく、実際には存在しない物のアイデアを描くことで、実際には存在しない物を描くことの不可能さから逃れることが出来るんだ。

 

もしドローイング自体が何かを理解するための手段だとすれば、ドローイングそのものに美的価値がなければいけないのか。

 

ドローイングにおいて何が重要であるべきかは、それが良く描けているかではなく真実であるかどうかである。本物のドローイングを生み出すものたち、それが含むすべての間違いや矛盾などは正しいのである。(たとえそれが間違っていようとも)

 

 

1_jj_thumb_a 1_jj_thumb_b 1_jj_thumb_c

1_jj_thumb_d 1_jj_web_thumb_e

Share Button