EXHIBITION

KEEP GOING FUCK THE WORLD new works by Dustin Klein

2015-07-25 〜 2015-08-30

flier 2

 

梅雨があけ、本格的な夏の暑さがやってくる7月後半よりHHH galleryでは世界中にバイクジェネレーションの波を起こした MASH SF のカリスマライダー/トラックバイクシーンの起爆剤 FASTFRIDAY の創始者/自転車アパレル Cadence の創始者/そしてライフスタイルアーティストであるダスティン・クラインの個展を開催します。

 

子供の頃から何かを作っていないと死んでしまう!という性分だった彼は「アーティストが生きていくことができる街」サンフランシスコにて、ドローイング、ペインティング、ウッドクラフティング、タトゥーイングなど異なる手法を用い、デジタルメディア、革、紙、皮膚、スケートボード、自転車フレームなど多種多様な素材に表現を続けてきました。現在は世界で一番のバイクとローカルオーガニック、そしてサステナブルな町といわれるポートランドに在住。

 

今回、HHH galleryにて開催する『KEEP GOING FUCK THE WORLD』展ではドローイング、ペインティング、クラフティング、タトゥーイングなど50点近い作品を展示予定。KEEP GOINGな彼のLIFEこそ彼のART。

 

KEEP GOING FUCK THE WORLD
by Dustin Klein

 

opening reception: July 25 (SAT) from 14:00 to 20:00
The event is free and open to the public

 

July 25 – Aug 30, 2015
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN & National Holidays

 

at HHH gallery  (http://HHHgallery.com)
2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

supported by Adidas Skateboarding, Cadence, DEPOT CYCLE & RECYCLE

 
ダスティン・クライン
アーティスト、自転車アパレルブランドCadence創立者、デザイナー、Klumhouse共同オーナー。現在ポートランド在住。サンフランシスコでメッセンジャーをしていた2003年にCadenceを設立。世界中にバイクジェネレーションの波を起こしたMASH SFのカリスマライダーであり、シアトルにおいてはFIXED BIKEイベントFAST FRIDAYをオーガナイズ。DVD化されているMASH/FAST FRIDAYは、世界中のFIXED BIKE乗りからバイブルと称される。

 

exhibition
DOVER STREET MARKET LONDON (2012)
NOTION MOTION at BEAMST (2013)
Dkelin x AcmeFurniture (2014)
KEEP GOING FUCK THE WORLD (2015)

 


 

DUSTIN KLEIN artist statement:

 

On Making

 

Being a maker, I feel compelled to create. I focus this energy into an art practice working with intuition, rhythm, and pattern. The practice is a meditation that allows me to slow down and translate the experience of my emotions into a visual language. This emotional energy sets a rhythm that informs my process of making things. The rhythm is realized through the various stages that I take a piece through as dictated by my materials, from painting, to deconstructing to re-assembling. I am driven by the challenge of creating a visual balance through the physicality of materials and ephemera of emotion. Recently I’ve been using tattoo as a medium. Putting my works on people as permanent markings adds another dimension to my work, allowing me to connect with people through the process of making work. I enjoy writing on my environment. It is like I am in conversation with it, infusing the surfaces around me with messages. KEEP GOING FUCK THE WORLD.

 

創り手として私は常に何かにつき動かされていると感じています。その強いエネルギーを己の直観、創作の中で生まれるリズム感、経験的パターンと共に作品に注ぎ込んでいます。私にとって創作と言う行為は瞑想にも等しく、それは自らをスローダウンし、心の中にある強い感情を視覚言語として表現 (トランスフォーム) してくれるのです。 感情的なエネルギーは創作のプロセスに大切なリズムを吹き込み、リズムは幾度となく修正、加筆 (脱構築・再構成) を繰り返す事で生まれてくるのです。移ろいやすい感情そして肉体的衝動のバランスを視覚的に表現する事こそが私のチャレンジです。 最近ではTATTOOを私の表現の手段に選ぶ事が少なくありません。なぜならある意味素材の一部に必ず誰かが関わってくることで、作品自体に新しい感覚/次元が生まれるように感じてくるからです。しかも誰かの皮膚に刻まれた作品は永久的であるとも言えます。メッセージを込めながらまるで会話をしているような環境を楽しんでいます。

 

「KEEP GOING FUCK THE WORLD」立ち止まらず世界を変えよう

 

Dustin Klein / ダスティン・クライン

http://dustinklein.com/

 


 

 

Share Button