cs_header_1

NEWS

Christophe Szpajdel solo exhibition “Owakudani-The Valley of Hell”

flyer_final

 

Christophe Szpajdel solo exhibition
“Owakudani-The Valley of Hell”
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/christophe-szpajdel/

 

Nov 5 (Sat) – Nov 27 (Sun), 2016
12-8pm on every SAT/SUN
11月5日(土)~11月27日(日)まで土日祭日のみ開廊

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception
Nov 5 (Sat) 14:00-19:00

 

展示初日11月5日(土) のオープニングレセプションはクリストフ・シュパイデルも来日。当日は数種類のブラックメタルロゴからご希望のデザインをその場でお好きなレイアウトでプリントできる来場者参加型のライブシルクスクリーンのイベントをギャラリーにて行ないます。当日は無料、どなたでもご入場可。14〜19時まで開催。

 

Tシャツ、トートバッグ、サコッシュ、クラッチバッグいずれかをご購入して頂き、希望のデザインをその場でプリントいたします (別途プリント料金がかかります)。お客様からお持ち込みのアイテムにもプリント対応可能ですが、以下の注意事項を予めご了承下さい。

 

*一部プリントできない素材、アイテム等もございます。
*プリントの状態、お持ち込みアイテムの弁償、交換などは致しかねます。

 


 

この度HHHギャラリーでは、ブラックメタルロゴの帝王と崇拝されるクリストフ・シュパイデルの展示を行ないます。90年代から活躍するノルウェーのブラックメタルバンド、Emeperorのロゴを手がけたことなどでも知られているベルギー出身のアーティスト、Christophe Szpajdel (クリストフ・シュパイデル)。彼はブラックメタルのロゴを一手に引き受け、これまでに手がけたロゴ数は7000以上。2010年にはこれまでの作品を収録したアートブック『Lord of the Logos』もドイツの出版社Gestaltenより発売され大反響を巻き起こしました。昨年2015年に初来日、原宿のTOXGOにて突如開催したアーティストトークとサイン会では作品ポスターが30分で完売、駆け付けたブラックメタルファンの前でTOXGOのショップロゴを1時間でライブ制作するなど盛り上がったイベントになりました。

 

今回の“Owakudani-The Valley of Hell”展では、滅多にお目にかかる事ができない過去のロゴアートの原画(非売品)や、これまでに手掛けた数々のブラックメタルバンドのロゴアートの複製原画のプリント、日本の妖怪をテーマに今回の展示のために書き下ろしたロゴアート作品など約150点を一挙展示、販売致します。そのほかにもリミティッドエディションの複製原画のプリント、ロゴ本『Lord of the Logos』(2008年Gestalten刊)、限定のアートブック(Darkadya刊)、今回の展示のために制作した32pのジンなどを展示会場にて販売致します。

 

 

Christophe Szpajdel / クリストフ シュパイデル

 

1970年、ベルギーのジャンブルーに生まれたクリストフ・シュパイデルはルーヴァン・ラ・ヌーヴで育ち、ルーヴァン・カトリック大学にて森林利用学位を取得。しかし大学入学前からヘヴィメタル・アート、中でもロゴアートへの興味を強く持っていたクリストフは進む道を大きく変えた。

 

クリストフの作品が世界的に知られるようになったきっかけは、90年代中旬にロゴを手がけたEmperor、Old Mans Child、Enthroned、Moonspell & Covenant (後のCovenant) だった。以来、クリストフはエクストリーム・メタルシーンになくてはならない存在としてMelechesh、Falkenbach、Aborted、Abigail Williams、Bloodshot Dawn、Kampfar、Impiety、Behexen、Dystopian Wrath、Verdelet, Tsjuder、Lord Belial、Cryostorm、Graveland、De Profundis & Wolves In The Throne Roomといった100個以上のバンドのロゴを手がけ、中にはロゴの完成から20年経った今も使い続けてくれているバンドもあるという。

 

またクリストフはUKEM (United Kingdom Extreme Metal)や、オンライン・ラジオ番組Red Beards Ship O Metal、Wyldstone Metal (エクストリーム・メタルのオンラインサポートグループ) といった団体にもロゴを提供。ここ最近、クリストフがアールヌーボーやアートデコ、バルビゾンやクラシズム、さらにはタトゥーアートといった幅広いスタイルの影響を取り入れ始めたことから、ありとあらゆる新しいクライアントや業界、分野からのオファーが増え、新しいタイプのロゴデザインに取り組むようになっている。

 

Christophe was born in 1970, in Gembloux, Belgium and grew up in Louvain-la-Neuve were he also attended the Université catholique de Louvain gaining a degree in forestry engineering. But well before his University days Christophe had already taken a particular interest in Heavy Metal art, especially logos. This passion for logo’s soon became his vocation, specialising right from the start in pencil topped by ink, keeping his work mobile, which he took full advantage of.

 

Christophe’s work first came to wider international attention, in the mid 90’s off of the back of logos for Emperor, Old Mans Child, Enthroned, Borknagar, Moonspell & Covenant (now Kovenant). Since then he has continued to make a significant contribution to the extreme metal scene having drawn for literally 100’s of bands including Melechesh, Falkenbach, Aborted, Abigail Williams, Bloodshot Dawn, Kampfar, Impiety, Behexen, Dystopian Wrath, Verdelet, Tsjuder, Lord Belial, Cryostorm, Graveland, De Profundis & Wolves In The Throne Room to name but a few with the vast majority still being used to this day, in some cases 20 years since their creation!

 

He has also donated many logo’s to “supporters of the cause” such as UKEM (United Kingdom Extreme Metal), Red Beards Ship O Metal (Online Radio Show) & my own project Wyldstone Metal (Extreme metal networking and support group).
In more recent times, Christophe has began to take on influence from an even broader spectrum of styles such as Art Nouveau, Art Deco, Barbizon School & Classicism & even Tattoo Art. This has increased the versatility of his potential vastly allowing him to undertake new types of commissions, and work within other areas of the international artistic community leading to requests from all kinds of clients and industries.

 

cs_a

 

cs_web_0

 

cs_web_all_1

 

cs_web_all_2

 

cs_web_6

 

cs_b

Share Button

Miki Matsushima solo exhibition “heavyblind”

miki_F_front_OL

 

Miki Matsushima Solo exhibition
-heavyblind-
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/miki-matsushima/

 

Sept 24 (SAT) – Oct 10 (MON, Holiday)
12-8pm on every SAT/SUN
9月24日(土)~10月10日(月・祝)まで土日祭日のみ開廊

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception
Sept 25 (SUN) 16:00-19:00

 

9月25日(日)のオープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。
フォトグラファー本人も在廊します。

 
At the exhibition, he will show approx 50 live photos taken from Boris’ recent PINK US tour. All the large-format live photos and a special zine that contains all these photos will be available at the gallery. Each visitor will receive a special limited CD including one song that Boris has produced especially for this exhibition.

 

会場では展示のツアー写真のほか、展示写真を収録したジンの販売も行われます。
また入場者全員に本展の為にBorisが制作したCD音源(未発表曲収録)が無料配布されます。

 


 

We are thrilled to announce the next exhibition “heavyblind” solo exhibition by Miki Matsushima.

Miki has been taking a photo of rock band Boris for 10 years now.

He purposely captures the subject as still-life accurately yet softly by keeping an appropriate distance from the subject while musicians perform or artist create at creative environment surrounded by ambition, ego, passion and chaos.

 

この度HHHギャラリーでは、音楽シーンや各媒体で活躍するフォトグラファー、松島幹の個展を開催致します。演奏中のミュージシャン、制作中のアーティスト達。野心、エゴ、情熱、混沌としたクリエイションの場を、被写体との冷静な距離感を保ち、あえて静物として鋭く穏やかに切り出します。本展では、作家が10年前から撮影をしているロックバンド”Boris“のアメリカツアーに同行、撮影されたイメージが一挙展示されます。

 

松島 幹 / Miki Matsushima

 

石川県生まれ。 地元金沢でパンクロック、ハードコアと呼ばれる音楽シーンに強い影響を受ける。そこで出会った音楽とアートの関係性に強い興味を感じ、自らの表現手段として写真を選ぶ。ライフワークとも言えるライヴ写真、またポートレイトは、音楽誌を始め多くのミュージシャンも信頼を寄せる。音楽シーン以外でも様々な表現の現場に赴き撮影を重ねている。
http://www.mikimatsushima.com

 

受賞 / AWARDS
2016 PX3 (PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS) : Silver (Second Prize) – Fashion category
2014 PX3 (PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS) : Silver (Second Prize) – Music category
2011 IPA (International Photography Awards) : 1ST PLACE in Advertising – Music category
2014 PX3 (PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS) : Honorable Mention
2011 PX3 (PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS) : Honorable Mention

 

boris_1

 

boris_2

 

boris_3

 

work_3

 

work_2

 

work_1

 

Share Button

Takahiro Matsumoto solo exhibition “if you know who you are”

flyer_layout_final

 

IF YOU KNOW WHO YOU ARE
Takahiro Matsumoto solo exhibition
hhhgallery.com/catalogue/H8_takahiro_matsumoto_catalogue_low.pdf

 

Aug 20(SAT) – 28(SUN), 2016
12-8pm on every SAT/SUN
except the first day (open at 4pm on AUG 20)
8月20日(土)~28日(日)まで土日のみ開廊
初日8/20のみ16時からオープン

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception

Saturday, Aug 20, 2016 from 16:00 to 19:00.
The event is free and open to the public,
the artist will attend the reception.

 

20日(土) のオープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。
アーティスト本人も在廊します。
会場では本展覧会の為に制作されたジンも販売されます。

 

Exhibition catalogue PDF
展示作品カタログ(PDF)はこちらから閲覧またはダウンロードできます。
hhhgallery.com/catalogue/H8_takahiro_matsumoto_catalogue_low.pdf

 


 

HHHギャラリーでは、新々気鋭の彫刻家、松本崇宏の個展を開催します。
10代で彫刻に出会い、愛知県立芸術大学彫刻科にて彫刻を学んだ作家は上京後もひたすら制作に打ち込み、グループ展への出展、美術家HAROSHIのアシスタント等を行う等、一部でその技術は高く評価されてきました。本展覧会では新作を含む数点の彫刻作品、ドローイング数点が展示されます。新作彫刻作品は、作家が大きく影響を受けたロックバンド BRAHMAN のボーカリストTOSHILOWをモデルに制作されました。モデルである他者を通し、ストイックに自己と対峙してきた作家の、瑞々しい鑿跡を是非ご覧下さい。

 

Takahiro Matsumoto

 

After studying sculpture at Aichi University of the Art and Music, Takahiro Matsumoto has been mainly working on wooden sculpture. Takahiro believes that the action of carving or chipping off woods will simply lead to something, therefore the human body sculpture that he creates wears a variety of facial expression. In this exhibition, Takahiro created the wood sculpture of music icon TOSHI-LOW from Japanese rock band BRAHMAN. Through the icon that he was influenced by, the audience will roam over the image of himself questioning about ego or human mechanism, who he really is and how he should live.

 

松本崇宏 / Takahiro Matsumoto

 

愛知県立芸術大学で彫刻を学び、主に木彫の作品を制作してきました。「木を彫る、あるいは削ぎ落とすという行為そのものが、何かにつながって行くのではないかという思い」から彫り出される人体の表情は様々な感情を湛えます。今回の展示ではBRAHMANのTOSHI-LOWさんをモデルに作品を制作しました。自身が影響を受けた「人間」を通して「自己、あるいは人間の成り立ち、何者なのか、どう生きるべきか」を問い続ける自身の写像として訪れる人を眼差します。

 

1986年 愛知県一宮市出身
2009年 愛知県立芸術大学彫刻科卒業

 

1_wip_1

 

2_w_1

 

3_d_2

 

4_w_2

 

5_d_1

 

6_w_3

 

7_d_3

 

8_w_0

 

Share Button

MOJITEN 1 group exhibition

flyer_leyout_final

 

MOJITEN 1 / 文字展1 group exhibition
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/mjtn1/
 

Featuring artist

BIG SLEEPS, CRYPTIK, DEFER,

MAYONAIZE, PITC -dinero2078-, USUGROW

 

July 2 (Sat) – 24 (Sun), 2016
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN
7月2日(土)~24日(日)まで土日のみ開廊

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception
Saturday, July 2, 2016 from 16:00 to 19:00.
The event is free and open to the public,
the artists (except foreign artists) will attend the reception.

 

2日(土) のオープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。
*海外アーティストの在廊はありません。

 

MOJITEN 1 Exhibition catalogue PDF
展示作品カタログ(PDF)はこちらから閲覧またはダウンロードできます。

http://www.hhhgallery.com/catalogue/mojiten_catalogue_low.pdf

 

All the artworks exhibited and a special zine that is made specially for MOJITEN 1 introducing artworks of all the participants will be available at the gallery.

 

会場では展示作品の販売他、本展覧会の為に制作されたジンも販売されます。
ジンには全参加アーティストの作品が収録されています。

 


 

Languages and letters around the world are a reflection of regional characteristic and history of people who live there.

 

Artists have been creating letters in the context of their own community, lifestyle and interest in spirituality, and putting out a message by competing for best style sometimes.

 

This kind of puritanical approach by artists has gone beyond the realm of visual communication between the people who share common taste, and sublimed to a piece of genuine art that appeals to many people.

 

New chapter has been generated and reached a new stage of growth in the history of calligraphy and hand lettering which have been developed since ancient times. You will be able to catch a glimpse of the history at MOJITEN 1 and enjoy interpreting the artworks.

 

世界中の言語、文字はそこに住む人々の地域性、歴史が反映されています。そして現代、街からも新しい文字が生まれています。

 

アーティスト達は、自身が住むコミュニティ、ライフスタイル、精神世界への探究心、それらを背景に、文字をクリエイトし、時にそのスタイルを競いながら、メッセージを発してきました。

 

アーティスト達のストイックな試みは、同じ嗜好を持つ人間同士のビジュアルコミュニケーションの範疇を超え、多くの人々へ訴えかける純粋なアート作品へと昇華されています。

 

古代から現代に流れるカリグラフィ(手描き文字)、ハンドレタリングの歴史の中に、新しい章が生まれ成熟してきています。是非その一端をご覧ください。そして彼らの作品を読み解いてください。
Text by BLACKDOT ( OC studio )

 

Exhibition detal, Artist profile
アーティストプロフィールはこちら
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/mjtn1/

 


 

Share Button

Takeru Iwazaki solo exhibition “IN FLUX”

flyer_web

 

 

IN FLUX
Takeru Iwazaki solo exhibition
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/takeru-iwazaki

 

May 14 (Sat) – June 5 (Sun), 2016
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN
5月14日(土)~6月5日(日)まで土日のみ開廊

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception
Saturday, May 14, 2016 from 14:00 to 17:00.
The event is free and open to the public, the artist will attend the reception.
14日(土) のオープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。
アーティスト本人も在廊します。

 

We are thrilled to announce the next exhibition at HHH gallery, a solo exhibition of Shizuoka-based Japanese artist Takeru Iwazaki.

 

After growing up in Shizuoka’s abundant nature, Takeru eventually began creating artworks soaking up influence from music club culture and street art. Through music and art he then expanded his artistic activity to Tokyo and neighboring towns. 

 

Currently, Takeru shares his artworks with the world through gallery exhibitions, murals, live paintings, and numerous commissioned projects.

 

Using only ballpoint pens and the simplest of drawing tools, Takeru creates meticulously detailed yet unconstrained depictions of life. His works juxtapose the openness of nature with the density of a crowded metropolis, as if to represent the artist’s own life, going back and forth between city and countryside.

 

In this exhibition, Takeru will show selected old artworks along with several new works, to present a comprehensive catalogue of his style. 

 

City and nature, street culture and traditional culture, representational and abstract; you will witness Takeru’s inner realm, generated from the crossing point of opposing wavelengths.

 

この度HHHギャラリーでは、静岡を拠点に活動するアーティスト 岩﨑 岳留 の個展を開催いたします。
静岡の豊かな自然を背景に、音楽を始めとしたクラブカルチャー、ストリートアートに影響を受け制作を始め、東京や近郊都市へと音楽やアートを通じ活動の幅を広げてきました。
現在は個展、壁画制作、ライブペイントパフォーマンス、数々の企業コミッションワークで作品を発表しています。

 

ボールペン等、シンプルな画材によって描かれた緻密で伸びやかな描写は、
自然のおおらかさ、都市の密度を内包し、都市と自然を行き来きする作家を象徴するようです。

 

今回の個展では数点の新作と共に、選ばれた過去作品を中心に構成され、
作家の持つスタイルの過去から現在までを包括的に展示致します。

 

都市と自然、ストリートカルチャーと伝統文化、具象と抽象、相反する波長の交差点で生まれた、
彼の「内なる王国」を是非ご覧ください。

 


 

壁画制作__

 

岩﨑 岳留 Takeru Iwazaki

 

http://takeruiwazaki.com
https://www.instagram.com/takeruiwazaki/

 

1980年生まれ。
富士山や南アルプス、駿河湾といった豊かな自然を湛えると同時に、東京と名古屋の中間地点として古くから独特のテンポで発展してきた静岡という土地。その、自然の営みと人の営みとが織りなす波長の中で育まれた。

 

高校を卒業した後に待ち受けていた、何の足場も道標もない“闇”。特に目指すものもなく、アイデンティティを喪失した焦りと渇きに身を灼かれ錆び付いていくだけであったその時、その闇に射し込んだ一筋の光が“絵を描くこと”であった。

 

幼少の頃、誰に教わるでもなく親しんでいた“内なる王国”の再発見。キャンパスに何かを表現するという、社会的文脈に属すことのないプライマルな悦びとの再会。それは、もう一度ヒトとして生誕する為のプロセスの始まりであったのかもしれない。

 

自然と身近にあったボールペン等の文房具を絵筆として本格的な創作活動を開始。ストリートカルチャーや音楽、寺社仏閣や古美術、そして彼を育んできた自然の営み…それまでに触れてきた全てがイマジネーションの源泉となり、ペン先を通じてその失われたアイデンティティを再構築していった。

 

年月を経て独学で生み出した画法、職人的な技術と集中力によって描かれる筆跡は、森羅万象に流れる生命エネルギーの具現化であり、自身でも予測することのできないインナートリップの軌跡そのものである。

 

現在は生まれ育った静岡を拠点に作品制作、個展、ライブペイント、アートプロジェクトへの参加、建築や店舗の壁画制作、ブランドコラボなど多岐に渡る活動を展開、日々実験と発見の追求を楽しんでいる。その手によって生命を与えられた有機質と無機質は緻密で流麗な線となり、絡み合いながら無限に展開してゆく。それはキャンパスを、そして街を蔦のように覆い、確実にその繁茂を広げている。

 


 

takeru_8

 

takeru_4

 

takeru_2

 

takeru_3

 

takeru_5

 

takeru_6

 

takeru_10

 

壁画制作2__

 

takeru_1

 

takeru_11

 

takeru_9

 

Share Button