mojiten_header_w_1

NEWS

MOJITEN 1 group exhibition

flyer_leyout_final

 

MOJITEN 1 / 文字展1 group exhibition
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/mjtn1/
 

Featuring artist

BIG SLEEPS, CRYPTIK, DEFER,

MAYONAIZE, PITC -dinero2078-, USUGROW

 

July 2 (Sat) – 24 (Sun), 2016
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN
7月2日(土)~24日(日)まで土日のみ開廊

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception
Saturday, July 2, 2016 from 16:00 to 19:00.
The event is free and open to the public,
the artists (except foreign artists) will attend the reception.

 

2日(土) のオープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。
*海外アーティストの在廊はありません。

 

MOJITEN 1 Exhibition catalogue PDF
展示作品カタログ(PDF)はこちらから閲覧またはダウンロードできます。

http://www.hhhgallery.com/catalogue/mojiten_catalogue_low.pdf

 

All the artworks exhibited and a special zine that is made specially for MOJITEN 1 introducing artworks of all the participants will be available at the gallery.

 

会場では展示作品の販売他、本展覧会の為に制作されたジンも販売されます。
ジンには全参加アーティストの作品が収録されています。

 


 

Languages and letters around the world are a reflection of regional characteristic and history of people who live there.

 

Artists have been creating letters in the context of their own community, lifestyle and interest in spirituality, and putting out a message by competing for best style sometimes.

 

This kind of puritanical approach by artists has gone beyond the realm of visual communication between the people who share common taste, and sublimed to a piece of genuine art that appeals to many people.

 

New chapter has been generated and reached a new stage of growth in the history of calligraphy and hand lettering which have been developed since ancient times. You will be able to catch a glimpse of the history at MOJITEN 1 and enjoy interpreting the artworks.

 

世界中の言語、文字はそこに住む人々の地域性、歴史が反映されています。そして現代、街からも新しい文字が生まれています。

 

アーティスト達は、自身が住むコミュニティ、ライフスタイル、精神世界への探究心、それらを背景に、文字をクリエイトし、時にそのスタイルを競いながら、メッセージを発してきました。

 

アーティスト達のストイックな試みは、同じ嗜好を持つ人間同士のビジュアルコミュニケーションの範疇を超え、多くの人々へ訴えかける純粋なアート作品へと昇華されています。

 

古代から現代に流れるカリグラフィ(手描き文字)、ハンドレタリングの歴史の中に、新しい章が生まれ成熟してきています。是非その一端をご覧ください。そして彼らの作品を読み解いてください。
Text by BLACKDOT ( OC studio )

 

Exhibition detal, Artist profile
アーティストプロフィールはこちら
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/mjtn1/

 


 

Share Button

Takeru Iwazaki solo exhibition “IN FLUX”

flyer_web

 

 

IN FLUX
Takeru Iwazaki solo exhibition
http://hhhgallery.com/exhibition-detail/takeru-iwazaki

 

May 14 (Sat) – June 5 (Sun), 2016
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN
5月14日(土)~6月5日(日)まで土日のみ開廊

 

at HHH gallery
(2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo)
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

Opening reception
Saturday, May 14, 2016 from 14:00 to 17:00.
The event is free and open to the public, the artist will attend the reception.
14日(土) のオープニングレセプションはどなたでもご入場頂けます。
アーティスト本人も在廊します。

 

We are thrilled to announce the next exhibition at HHH gallery, a solo exhibition of Shizuoka-based Japanese artist Takeru Iwazaki.

 

After growing up in Shizuoka’s abundant nature, Takeru eventually began creating artworks soaking up influence from music club culture and street art. Through music and art he then expanded his artistic activity to Tokyo and neighboring towns. 

 

Currently, Takeru shares his artworks with the world through gallery exhibitions, murals, live paintings, and numerous commissioned projects.

 

Using only ballpoint pens and the simplest of drawing tools, Takeru creates meticulously detailed yet unconstrained depictions of life. His works juxtapose the openness of nature with the density of a crowded metropolis, as if to represent the artist’s own life, going back and forth between city and countryside.

 

In this exhibition, Takeru will show selected old artworks along with several new works, to present a comprehensive catalogue of his style. 

 

City and nature, street culture and traditional culture, representational and abstract; you will witness Takeru’s inner realm, generated from the crossing point of opposing wavelengths.

 

この度HHHギャラリーでは、静岡を拠点に活動するアーティスト 岩﨑 岳留 の個展を開催いたします。
静岡の豊かな自然を背景に、音楽を始めとしたクラブカルチャー、ストリートアートに影響を受け制作を始め、東京や近郊都市へと音楽やアートを通じ活動の幅を広げてきました。
現在は個展、壁画制作、ライブペイントパフォーマンス、数々の企業コミッションワークで作品を発表しています。

 

ボールペン等、シンプルな画材によって描かれた緻密で伸びやかな描写は、
自然のおおらかさ、都市の密度を内包し、都市と自然を行き来きする作家を象徴するようです。

 

今回の個展では数点の新作と共に、選ばれた過去作品を中心に構成され、
作家の持つスタイルの過去から現在までを包括的に展示致します。

 

都市と自然、ストリートカルチャーと伝統文化、具象と抽象、相反する波長の交差点で生まれた、
彼の「内なる王国」を是非ご覧ください。

 


 

壁画制作__

 

岩﨑 岳留 Takeru Iwazaki

 

http://takeruiwazaki.com
https://www.instagram.com/takeruiwazaki/

 

1980年生まれ。
富士山や南アルプス、駿河湾といった豊かな自然を湛えると同時に、東京と名古屋の中間地点として古くから独特のテンポで発展してきた静岡という土地。その、自然の営みと人の営みとが織りなす波長の中で育まれた。

 

高校を卒業した後に待ち受けていた、何の足場も道標もない“闇”。特に目指すものもなく、アイデンティティを喪失した焦りと渇きに身を灼かれ錆び付いていくだけであったその時、その闇に射し込んだ一筋の光が“絵を描くこと”であった。

 

幼少の頃、誰に教わるでもなく親しんでいた“内なる王国”の再発見。キャンパスに何かを表現するという、社会的文脈に属すことのないプライマルな悦びとの再会。それは、もう一度ヒトとして生誕する為のプロセスの始まりであったのかもしれない。

 

自然と身近にあったボールペン等の文房具を絵筆として本格的な創作活動を開始。ストリートカルチャーや音楽、寺社仏閣や古美術、そして彼を育んできた自然の営み…それまでに触れてきた全てがイマジネーションの源泉となり、ペン先を通じてその失われたアイデンティティを再構築していった。

 

年月を経て独学で生み出した画法、職人的な技術と集中力によって描かれる筆跡は、森羅万象に流れる生命エネルギーの具現化であり、自身でも予測することのできないインナートリップの軌跡そのものである。

 

現在は生まれ育った静岡を拠点に作品制作、個展、ライブペイント、アートプロジェクトへの参加、建築や店舗の壁画制作、ブランドコラボなど多岐に渡る活動を展開、日々実験と発見の追求を楽しんでいる。その手によって生命を与えられた有機質と無機質は緻密で流麗な線となり、絡み合いながら無限に展開してゆく。それはキャンパスを、そして街を蔦のように覆い、確実にその繁茂を広げている。

 


 

takeru_8

 

takeru_4

 

takeru_2

 

takeru_3

 

takeru_5

 

takeru_6

 

takeru_10

 

壁画制作2__

 

takeru_1

 

takeru_11

 

takeru_9

 

Share Button

Meguru Yamaguchi solo exhibition “UNKNOWN SCORCHER”

flier 2

 

 

UNKNOWN SCORCHER
Meguru Yamaguchi solo exhibition

 

(http://hhhgallery.com/exhibition-detail/meguru-yamaguchi/)

 

opening reception: March 21 (mon), 2016 from 14:00 to 17:00
The event is free and open to the public.
Unfortunately, the artist will not be able to attend the reception this time.
オープニングレセプション21日(月祝)はどなたでもご来場頂けます。
今回、アーティストの来日はありません。予めご了承下さい。

 

March 21 (mon) – April 17(sun), 2016
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN & National Holidays
3月21日(月/祝)から4月17日(日)までの土日祝日のみ開廊

 

at HHH gallery (http://HHHgallery.com)
2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

For the exhibition catalogue, please download from here.
展示作品カタログはこちらからダウンロードできます。
http://hhhgallery.com/catalogue/hhh_meguruyamaguchi_works.pdf

 

半年ぶりに再開するHHH gallery、2016年の最初の展示を飾るのは現在NY、ブルックリンにて活動する1984年生まれ東京都出身の画家、山口歴。

 

ブラシストロークを独立させ作成し、キャンバスにコラージュする独自のスタイルとともに、ACE HOTEL NY、Kinfolk 94や+81 gallery NY、東京のHidari Zingaroなどで展示を行うほか、STUSSYやALIFE、CHARI&COはじめとするUSストリート・カルチャーの代表的ブランドとコラボレーション商品を発表、2015年は香港のタイムズスクエア、SOGO HONGKONGの30周年記念アーティストに選出され30mのビルボードを飾るなど活動の幅を広げている。日本初個展となる今回の展示は、より純粋にストロークに焦点を当て、キャンバスという既成の枠組みを超越し、進化させた”OUT OF BOUND”シリーズの最新作を発表。

 

会場では、今回初展示される新作を含む、これまでの作品を振り返った初のジンも発売されます。

 

HHH gallery will reopen for the first time in half a year! We are extremely proud to announce our first exhibition of 2016, “UNKNOWN SCORCHER” by Meguru Yamaguchi. Meguru is a NY-based Japanese artist and this will be his first solo exhibition in Japan. In his latest series called OUT OF BOUND, Meguru is much more focused on brushstroke, and he transcends and evolves the existing framework of canvas.

 

Through the technique of what he calls “Cut & Paste,” Yamaguchi achieves a uniquely chaotic, vibrantly intense and visually robust abstraction on various surfaces. The method entails laying out paints on plastic sheets to dry, then peeling it off and pasting them onto another surface as if collaging to create shapeless shapes and formless forms.
He has been collaborating with US brands such as Stussy, FTC, ALIFE, and Chari&Co NYC. He has previously participated in numerous exhibitions including shows at Kinfolk 94, +81 gallery in NY, Ace Hotel NY and Hidari Zingaro in Tokyo.

 

The new zine compiled the new and old Yamaguchi’s works will be available during the exhibition at HHH gallery.

 

http://meguruyamaguchi.com

 

related article:
「カッコイイ」をつくる宿命/アーティスト 山口歴 (HEAPS, Dec 8, 2015)
http://heapsmag.com/artist-meguruyamaguchi

Studio Visit With Artist Meguru Yamaguchi (Spoon & Tamago, March 25, 2014)
http://www.spoon-tamago.com/2014/03/25/meguru-yamaguchi-studio-visit/

THE WORK OF MEGURU YAMAGUCHI (JUXTAPOZ, June 21, 2013)
http://www.juxtapoz.com/news/the-work-of-meguru-yamaguchi/

 

 

 

 

meguru_1“OUT OF BOUNDS No.2”

48 x 36 inch
Acrylic, spray paint and epoxy resin on ply wood, 2016

 

 

meguru_3

 

“TERMINATOR”
Acrylic, epoxy resin and on plastic and wood panel, 2015

 

 

meguru_2

 

“Untitled” /  work in progress

 

 

meguru_4

 

“Whenever you are”
70 x 80 inch
Acrylic and epoxy resin on wood panel, 2013

 

 

meguru_6

 

“INFINITY NET”
36 x 72 inch
Acrylic, epoxy resin, spray paint and wood on canvas, 2015

 

 

meguru_5

 

“Untitled” – For the mural of CHARI&CO NYC. Located in 15th st and 1st ave, NY.
Acrylic on paper. 2013

 

 

meguru_7

 

work in progress for the series “out of bounds”
Photo by DOX, 2016

 

 

meguru_8

 

photo by Ko Tsuchiya

 

 

Share Button

KEEP GOING FUCK THE WORLD new works by Dustin Klein

flier 2

 

 

梅雨があけ、本格的な夏の暑さがやってくる7月後半よりHHH galleryでは世界中にバイクジェネレーションの波を起こした MASH SF のカリスマライダー/トラックバイクシーンの起爆剤 FASTFRIDAY の創始者/自転車アパレル Cadence の創始者/そしてライフスタイルアーティストであるダスティン・クラインの個展を開催します。

 

子供の頃から何かを作っていないと死んでしまう!という性分だった彼は「アーティストが生きていくことができる街」サンフランシスコにて、ドローイング、ペインティング、ウッドクラフティング、タトゥーイングなど異なる手法を用い、デジタルメディア、革、紙、皮膚、スケートボード、自転車フレームなど多種多様な素材に表現を続けてきました。現在は世界で一番のバイクとローカルオーガニック、そしてサステナブルな町といわれるポートランドに在住。

 

今回、HHH galleryにて開催する『KEEP GOING FUCK THE WORLD』展ではドローイング、ペインティング、クラフティング、タトゥーイングなど50点近い作品を展示予定。KEEP GOINGな彼のLIFEこそ彼のART。

 

KEEP GOING FUCK THE WORLD
by Dustin Klein

 

http://hhhgallery.com/exhibition-detail/dustinklein/

 

opening reception: July 25 (SAT) from 14:00 to 20:00
The event is free and open to the public

 

July 25 – Aug 30, 2015
12:00 – 20:00 on every SAT/SUN & National Holidays

 

at HHH gallery  (http://HHHgallery.com)
2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

supported by Adidas Skateboarding, Cadence, DEPOT CYCLE & RECYCLE

 

Dustin Klein / ダスティン・クライン

http://dustinklein.com/
アーティスト、自転車アパレルブランドCadence創立者、デザイナー、Klumhouse共同オーナー。現在ポートランド在住。サンフランシスコでメッセンジャーをしていた2003年にCadenceを設立。世界中にバイクジェネレーションの波を起こしたMASH SFのカリスマライダーであり、シアトルにおいてはFIXED BIKEイベントFAST FRIDAYをオーガナイズ。DVD化されているMASH/FAST FRIDAYは、世界中のFIXED BIKE乗りからバイブルと称される。

 

Share Button

MONOCHROME group exhibition

0_flyer_web_low_b

 

新緑溢れる仲夏6月、HHH galleryでは一転、モノクロームの作品達があなたをお迎えします。
鉛筆、シャープペンシル、ボールペン、マーカー、インクペン、筆。アーロン・ホーキーマイク・ジャイアントSHOHEIKYOTARO野坂稔和おざぶSADAMUSUGROWといった8名のアーティストたちがそれらのシンプルな道具をありのまま使って、無垢な紙、画布の上にモノトーンの世界を紡ぎ上げます。余白を色彩に変えながら、引いていく潔さと足していく緊張感をもって。

 

各アーティストからは原画作品、プリント作品が出展され展示販売されます(一部を除く)。
アーロン・ホーキー、マイク・ジャイアントの原画作品の展示は日本初となります。
また、全てのアーティストの作品が掲載されるジンも発売になります。

 

MONOCHROME (モノクローム展) は6月13日から、本展示参加の国内アーティストを招いてのオープニング・レセプションも同日14時から20時まで開催。予約不要・どなたも無料にて参加可能です。

 

MONOCHROME group exhibition

Curated by USUGROW

 

http://hhhgallery.com/exhibition-detail/monochrome/ 

 

Featuring

AARON HORKEY, MIKE GIANT, SHOHEI, KYOTARO
TOSHIKAZU NOZAKA, OZABU, SADAM, USUGROW

 

opening reception: June 13 (SAT) from 14:00 to 20:00
The event is free and open to the public

 

June 13 – July 12, 2015
12:00 — 20:00 on every SAT/SUN & National Holidays

 

at HHH gallery (http://HHHgallery.com)

2-21-17 Kosuge, Katsushika, Tokyo
東京都葛飾区小菅2-21-17

 

The tools these artists use are simple: pencils, mechanical pencils, black markers, ink pens, ink brushes, and everyday ballpoint pens. However, by carefully utilizing white space not as “blank,” but rather as information to describe space and color, the artists transform pure, untouched white canvases and paper into detailed and complex monochrome landscapes. To achieve this, the artists must enter a fierce yet meditative state of resolve as they add lines to slowly weave their worlds.

 

This will be the first-ever Japan exhibition for artists Aaron Horkey and Mike Giant. Also the zine featuring the artworks from all participated artists will be available at HHH gallery. The show starts June 13th, with an opening reception that day at 2pm at HHHgallery.

Share Button